入居拒否トラブル

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

入居者条件などが原因で賃貸物件の入居トラブルが発生してしまうこともあります。
入居希望者の職業などが原因で大家のほうが入居を拒否してしまうこともあるからです。
基本的には不動産情報には職業についての制限などは掲載されていません。ですので当然入居希望者のほうは入れるものだと思っています。しかしいざ審査の段階で拒否されてしまうのです。
これに関しては入居希望者のほうからしてみますと職業差別ともいえます。
ちなみにどのような人が拒否されるのかといいますと、水商売の人などが拒否されやすい傾向があります。
夜中に帰ってきますので騒音トラブルなどの要因になりますし、また仕事が不安定であるために家賃の支払いが滞る可能性もあるからです。
また回収をしようと思っても昼間は寝ていることが多いなどの理由があるからです。
無職などの場合は職業ではありませんのでどこでも拒否されます、暴力団の場合も風紀を乱すということで拒否されます。
この場合にはあきらめて他の賃貸物件に入るのが方法です。
意地になって入居をしても自分のことを一度拒否した物件に入るのはあまり気分のいいものではないからです。
水商売などでも入れるところはたくさんあります。

gf2160330729l