保証人が見つからない場合

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

マンションやアパートを賃貸契約で借りるときには、保証人を求められることが一般です。
近郊で好ましい物件を見つけても、保証してくれる人がいなければ、契約できないことが多いのです。
保証をする人というのは、借り主と連帯して家賃の支払いなどの債務を負担することとなります。
もし借り主が家賃を滞納したときは、借り主に代わって家賃を支払う責任が出てきます。
貸し手からの求めを無視して支払いを拒否することはできません。
未成年者が家を借りる場合は、親が契約者となって親族の誰かを保証する人に立てるか、あるいは、親の同意書を得て未成年者が契約者となり親を保証する人にするなど、不動産業者や貸主によってやり方に違いが出てきます。
もし、保証する人が見つからない場合は、家賃保証会社を利用する、という手もあります。
借り主が家賃保証会社に保証料を支払って、もし借り主に賃料などの不払いが発生した場合には、家賃保証会社が賃料を保証する、というものです。
最近の傾向としては、、むしろ保証する人を立てるよりも、家賃保証会社による保証が利用可能な物件が増加傾向にあります。
家賃保証会社との契約期間は、賃貸借契約と同一の期間に設定されることがほとんどで、また、保証料も家賃の中の幾らかの割合で決められるケースが一般的です。
事前に、家賃保証会社がたとえ近郊にあっても、契約内容をしっかり確認しておくことが重要です。gf2160330729l