トラブルが起こってしまったら

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

“不動産取引では、賃貸や売買などさまざまなケースでトラブルが発生する可能性があります。
実際に数多くの事例が報告されており、現在ではそうしたトラブルに対処するため、国や地方公共団体などによる相談窓口が設けられています。
消費やサービスに対する苦情や問い合わせの窓口として、地方公共団体が運営する消費者センターがあります。
消費者センターでは電話による相談を無料で受け付けているほか、センターへ直接出向いての相談も可能となっています。
トラブルから訴訟に発展するような場合には、日本司法支援センター「法テラス」で法律相談を受けることができます。
ここでは弁護士への法律相談が無料で行われているほか、実際に訴訟を提起する際には弁護士の紹介や斡旋も行われています。
また弁護士費用など訴訟にかかる費用が負担できない人のためには費用の立替も行います。
相談の際は、法テラスが支援できる案件かどうかを弁護士が判断することになるため、トラブルの詳細について説明できるように契約関係書類を持参する必要があります。
その他の窓口としては、各都道府県の司法書士会による司法書士総合相談センターや、住宅に関するさまざまな相談のために、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる「住まいるダイヤル」なども設置されています。

gf2160330729l