設備の不備・故障のチェック

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

賃貸住宅を退去する際にトラブルとなりやすいのが、原状回復です。

退去時に借り主が負わなければならないのは自然や経年劣化しない汚損についてです。
ですが、どこまでが経年劣化なのか明確な定義がされていないことが問題となりやすいのです。
不動産屋との賃貸契約には詳細に触れることはないため、問題となったときに揉めやすい原因にもなります。

近年トラブルが増加し続けているため、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を出したほどです。

これが法的拘束力があればまたよかったのですが、あくまでガイドライン。
どこにも取り決めがない状態を許しているのが問題をややこしくしています。

原状回復費用で揉めないためには、入居時に汚損箇所を不動産屋立会いのもと確認しておき、契約書に記載するのが一番です。

畳の傷みや日焼けによるヤケなどは経年劣化です。
クロスは原状回復の対象です。
それ以外は取り決めが必要で、取り決めが無ければガイドラインに沿うのがよいでしょう。
「取り決めが無い箇所の扱いはガイドラインに従う」という取り決めを契約書に盛り込めば、トラブルは避けられます。
契約書に盛り込むことを避けるような不動産屋は、退去時にトラブルになりやすいです。gf2160330729l