退去時のトラブル

2014.2.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

賃貸物件に住んでいた人が転居をする場合には、現状回復というものが行われます。この現状回復は、大抵は賃貸の契約書にも明記されており、今まで住んでいた物件を、新しい借り手のために、入居時の状態にできるだけ近づけることです。大掛かりな掃除や修復が行われることもあります。もし物件の破損が激しい場合、掃除がなされていない場合などは、かなりの額の修復費用が発生します。通常は、大家さんや管理会社がその修復を行い、その費用は敷金から差し引かれます。これを現状回復費用といいます。
しかしその費用があまりにも多く、戻ってくる敷金がゼロであるとか、あるいは、畳の変色など明らかに経年劣化と思われるような場合には、もう一度契約書を確認してみてください。納得が行かない事があった場合には必ず質問しましょう。後でトラブルにならないためにも、退去する前に必ず解決するようにしてください。どうしても話し合いで解決しない場合には、調停や訴訟を起こすこともできます。
また、原状回復をしなくていいものもあります。前出の畳やカーペットの劣化に加え、ベッドやタンスを置いたことによるフローリングやカーペットのへこみや色落ちの場合は、原状回復の対象にはなりません。また、画鋲やピンの穴も対象外です。一方で、換気扇の油汚れや水回りの水垢、カビなどについては、退去前に自分でできる範囲内で、きちんと掃除をしておくといいでしょう。

gf2160330729l