不動産入居トラブルをふせぐために・・・

 

 

不動産を巡るトラブルは、入居中、あるいは、退去時であるのが有名です。とりわけ、家賃滞納や敷金の返還などが広く知られています。しかし、入居前のことについては、あまり知られていないことも事実かもしれません。一説によれば、潜在的には、入居時における相当数のトラブルがあるということです。たとえば、入居自体を拒否されることが挙げられます。収入面などで問題がないのに、審査に通らないというのが、典型的なものでしょう。あるいは、オーナーの主観的過ぎる思いから拒否されることもあるようです。また、申込金のトラブルも、これに含めることができます。申込金は初期費用の一部を前もって払うお金ですが、キャンセルすれば、返還されることが一般的です。それを拒む不動産会社があるようで、詳細な説明などを求めることが重要なようです。

 

さらに、保証人の問題があります。核家族化の進んだ今では、親戚などに保証人を頼むことができない人が増えています。その代わり、保証会社に依頼しますが、審査に通らないということもあります。仮に理由が明確であるなら依頼した側も納得できるかもしれませんが、そうではないケースも多々あるようです。このように、不動産トラブルには、入居前にも種々のものがあります。仮に困っているのであれば、各種消費者センターや役所などが設けている法律相談あるいは住宅相談などを利用してみることでしょう。

gf2160330729l
 

 
 

 
 

 
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check